コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナ族 オナぞく Ona

1件 の用語解説(オナ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナ族
オナぞく
Ona

南アメリカの南端,フエゴ島に住むラテンアメリカインディアンの少数民族。もともと狩猟を営み,ラクダ科のグアナコ呼ばれる動物の肉を主食とし,そのほか,ウマ,貝類,イチゴキノコなども食料とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオナ族の言及

【アメリカ・インディアン】より


[採集・狩猟民]
 アルゼンチンとチリ南部の地域は,16世紀のヨーロッパ人の植民地に入るまで農耕が行われなかった。チリのアラカルフ族やヤーガン族,フエゴ島のオナ族のような狩猟と漁労を生業とする民族や,アルゼンチンのパンパでグアナコ,レア,その他の小動物の狩猟で生きるテウェルチェ,プエルチェ,ケランディ,チャルアの諸族がいた。ヨーロッパ人の移住に対しては強い抵抗を示し,両者の争いは19世紀まで続くが,結局は敗れてこの地域のインディオはほとんど絶滅してしまった。…

【衣服】より

…しかしそれだけでは説明しきれないケースが若干ある。例えば南米のフエゴ島の原住民オナ族は,寒冷な湿気の多い所に住むが,身につけるものといえば腰布とアザラシやカワウソの皮で作った袖なしの外衣だけである。昼間は暑いが夜は急激に温度の低下する地域に住む,アマゾンやオーストラリアの原住民も,体を覆うことをせず一年中裸で,夜はたき火をしてこげるほど近くで互いに体を寄せ合って眠るだけである。…

【皮∥革】より

…ヌエル族ではこのケープを身につけているものは豹皮の長(しゆうちよう)と呼ばれ,争いを調停する聖なる宗教上のリーダーとして敬われている。一枚皮を衣服として常用している例としては,南アメリカ南端のフエゴ島のオナ族があげられる。彼らは南極に近い寒帯に住むが,裸の上にグアナコの毛皮を,肩から全身を包むように覆うだけで生活している。…

※「オナ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オナ族の関連キーワードフエゴ島ラテンアメリカティエラデルフエゴフエゴ島国立公園ラテンアメリカカリブ経済委員会ラテンアメリカ経済委員会ラテンアメリカにおける想像と暴力ラテン・アメリカ経済機構ラテン・アメリカ自由貿易連合パン・アメリカン・ハイウェー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone