コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニアザミ

2件 の用語解説(オニアザミの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オニアザミ

アザミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニアザミ
おにあざみ / 鬼薊
[学]Cirsium borealinipponense Kitam.

キク科の多年草。オニノアザミともいう。茎は太く、多くは斜上し、高さ0.5~1メートル。上部に縮れた毛やくもの巣状の毛がある。根出葉は花期にもあり、楕円(だえん)形で、長さ30~65センチメートル、羽状に中裂する。裂片は卵形で、縁(へり)に大小の鋭い鋸歯(きょし)があり、その先は鋭い刺(とげ)になっている。茎葉は上方でしだいに小形となる。6~9月、茎頂に数個の頭花が接してつき、下向きに開く。総包片は暗紫色を帯びて粘着する。中部地方から東北地方の日本海側の海抜1000メートル以上の山地に生える日本固有種である。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone