コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニグルミ(鬼胡桃) オニグルミJuglans ailanthifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニグルミ(鬼胡桃)
オニグルミ
Juglans ailanthifolia

クルミ科の大高木で,日本各地の山地に広く自生する。また果樹として人家に植えることもある。高さ 20mに達し,互生する葉は大型の羽状複葉で長さ 30~40cm,小葉の数は5~8対ある。小葉は縁に鋸歯があり,若い葉では淡褐色の軟毛が密生している。春に葉の開く頃,長い緑色の尾状花序を垂らして多数の雄花がつき,雌花は枝の先端に数個が短い総状花序でつく。果実は径 3cmほどの球形で黄緑色に熟し,中に堅い核がある。核には独特の深い皺がある。核内には発達した子葉種子があり,脂肪に富んでいて食用となる。なお,菓子用などに使われるクルミはヨーロッパ産の別種,テウチグルミ J. regiaで日本でも群馬,長野両県下などで栽培されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オニグルミ(鬼胡桃)の関連キーワードクルミ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android