コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オハグロベラ オハグロベラ Pteragogus aurigarius

2件 の用語解説(オハグロベラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オハグロベラ
オハグロベラ
Pteragogus aurigarius

スズキ目ベラ科の海水魚。全長 20cmになる。体はやや長く,側扁する。頬に鱗がある。背鰭棘条部は高く,雄では前部の 2棘が糸状に伸びる。雄の体色は帯紫褐色で,頬および鰓蓋に蠕虫状(→蠕虫類)の淡色線がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オハグロベラ
おはぐろべら / 御歯黒倍良
cocktailfish
[学]Pteragogus flagellifera

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。千葉県および島根県以南の南日本から西太平洋、インド洋に広く分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。体色は雌雄で異なり、雌は橙赤(とうせき)色で、胸部と腹部の鱗(うろこ)に青緑色点がある。雄は紫褐色で、鰓蓋(さいがい)と頬(ほお)に黄色の縞(しま)があり、各鱗は淡色で縁どられる。全長20センチメートルになる。海藻が茂った浅い岩礁にすみ、肉食性。夜は岩陰や海藻の根元で眠る。食用になるが味はよくない。[荒賀忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オハグロベラの関連キーワード赤羽太伊良瘤鯛胡麻鯖錦遍羅葉血引笹の葉遍羅遍羅ソコイトヨリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone