コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフリッド Ohrid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフリッド
Ohrid

マケドニア南西部,アルバニアとの国境にあるオフリッド湖東岸の町。古くはギリシアローマ,中世にはブルガリアの勢力下にあって,スラブ人の文化宗教都市として繁栄した。9世紀半ばブルガリア帝国の皇帝ボリス1世ミハイルキリスト教の保護を打ち出してからは,聖堂や修道院が相次いで建てられた。 11世紀建立の聖ソフィア聖堂,13世紀建立の聖クレメント聖堂をはじめ,その数 300に上り,イコンフレスコ画などのビザンチン美術の宝庫といわれる。 14世紀末オスマン帝国に制圧され,聖堂の多くがモスクに変えられたが,1912年にその支配が終わると,修復作業が始められた。歴史的な町並みとオフリッド湖を含む自然景観は 1979年世界遺産の文化・自然複合遺産に登録された。人口6万 5531 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オフリッドの関連キーワードマケドニア紛争ドゥラス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android