コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフリド湖 オフリドコ

2件 の用語解説(オフリド湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オフリド‐こ【オフリド湖】

Ohridsko Ezero》マケドニアとアルバニアとの国境にある湖。最深部285メートル、面積348平方キロメートル。バルカン山脈中の標高695メートルに位置する。1979年と1980年に、湖岸の古都オフリドとともに、同地域の自然・文化的景観世界遺産複合遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オフリド湖
おふりどこ
Ohridsko Jezero

マケドニア共和国と、アルバニアとの国境に位置する湖。アルバニア語ではLiqeni Ohritという。オクリダOkhrida, Ochridaとも書かれる。標高695メートルにあり、水面の面積348平方キロメートル、最深部の深さ285メートル。バルカン山脈中の美しい湖で、湖岸は絶壁が多い。マス、サケ、ウナギなどを漁獲し、近年は観光地、保養地となっている。湖岸にマケドニアの古都オフリドOhridがある。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフリド湖の関連情報