コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフリド湖 オフリドコ

デジタル大辞泉の解説

オフリド‐こ【オフリド湖】

Ohridsko Ezero》マケドニアとアルバニアとの国境にある湖。最深部285メートル、面積348平方キロメートル。バルカン山脈中の標高695メートルに位置する。1979年と1980年に、湖岸の古都オフリドとともに、同地域の自然・文化的景観が世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オフリド湖
おふりどこ
Ohridsko Jezero

マケドニア共和国と、アルバニアとの国境に位置する湖。アルバニア語ではLiqeni Ohritという。オクリダOkhrida, Ochridaとも書かれる。標高695メートルにあり、水面の面積348平方キロメートル、最深部の深さ285メートル。バルカン山脈中の美しい湖で、湖岸は絶壁が多い。マス、サケ、ウナギなどを漁獲し、近年は観光地、保養地となっている。湖岸にマケドニアの古都オフリドOhridがある。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オフリド湖の関連キーワードオフリド地域の自然遺産及び文化遺産聖ヨハネカネヨ教会マケドニア共和国サムイル要塞オクリダ湖プレスパ湖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android