コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブラヘ obraje

世界大百科事典 第2版の解説

オブラヘ【obraje】

スペイン語で,語義は〈仕事場〉。とくにスペインの新大陸植民地の織物工場を指す。原住民共同体は織物を自給し,スペイン人上層はもっぱら輸入布地を用いたが,両者の間隙,すなわち下層のスペイン人を販路として,16世紀半ばにおもに粗製毛織物の生産がはじまった。本国の植民地製造業抑止策はさして有効でなく,また本国製造業の生産能力も低かったため黙許され,その数は17世紀初頭のメキシコ市で49を数えた。それぞれ労働者数は数十から多くて百数十。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オブラヘの関連キーワードトゥパック・アマルースペイン語ペルーミタ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android