コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプストフェルデル Sigbjørn Obstfelder

世界大百科事典 第2版の解説

オプストフェルデル【Sigbjørn Obstfelder】

1866‐1900
ノルウェーの世紀末詩人。技師としてアメリカに住む(1890‐91)が,機械文明社会になじまなかった。《詩集》(1893)は無韻の散文詩が世界の永遠の真実,神秘を異常な感性の清らかさで表現した好例である。女性の神秘と愛への憧憬は,《二つの短編》(1895)の第1作〈生命〉や《十字架》(1896)に描かれた。死後に出版された《ある牧師の日記》(1920)は実存的不安に悩む憂愁詩人の本領をあらわす。彼はリルケの《マルテの手記》のモデルとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オプストフェルデルの関連キーワード英学外山正一遺伝学国語問題プロ野球酒井雄三郎池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone