コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプストフェルデル Sigbjørn Obstfelder

世界大百科事典 第2版の解説

オプストフェルデル【Sigbjørn Obstfelder】

1866‐1900
ノルウェーの世紀末詩人。技師としてアメリカに住む(1890‐91)が,機械文明社会になじまなかった。《詩集》(1893)は無韻散文詩が世界の永遠の真実,神秘を異常な感性の清らかさで表現した好例である。女性の神秘と愛への憧憬は,《二つの短編》(1895)の第1作〈生命〉や《十字架》(1896)に描かれた。死後に出版された《ある牧師の日記》(1920)は実存的不安に悩む憂愁詩人の本領をあらわす。彼はリルケの《マルテの手記》のモデルとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オプストフェルデルの関連キーワード11月21日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android