コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オホーツク式土器 オホーツクしきどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オホーツク式土器
オホーツクしきどき

サハリン島から北海道北部およびオホーツク海沿岸,釧路付近以東の太平洋沿岸地方から千島にかけて分布するオホーツク文化に特徴的な土器。日本の平安時代に出現したと思われるが,終末は鎌倉時代にも下ると考えられる。器形は頸部がすぼまり,胴部が丸い甕形をしている。一般に色は黒い。文様は肩部に施され,刻み目文,線状あるいは波状の貼付文,さらにその上に刻み目をつけたものなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオホーツク式土器の言及

【オホーツク文化】より

…南サハリンから北海道北東岸,知床・根室半島そして南千島に認められる。この文化を代表する土器は,オホーツク式土器と呼ばれ,地域と時期により詳細な編年ができている。概していえば壺形・甕形の器形に,前半期には刻み目を連続した文様を主にし,後半期では細い粘土紐を貼りつけた文様を主にしている。…

※「オホーツク式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オホーツク式土器の関連キーワードモヨロ貝塚内耳土器

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android