コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オメル・セイフェッティン Ömer Seyfettin

世界大百科事典 第2版の解説

オメル・セイフェッティン【Ömer Seyfettin】

1884‐1920
トルコの作家。陸軍士官学校卒業後,軍人として各地に勤務したのち退役,《若いペン》誌への定期寄稿者となった。バルカン戦争に際し軍務に復帰し捕虜となったのち再び退役,コンスタンティノープルで高校教師をつとめながら創作活動を続けた。トルコ語簡素化運動を推進し,論文《新言語》(1911)は次の世代に大きな影響を及ぼした。短編小説が多く,10巻の全集があるほか,戯曲《純潔の試練》もある。【小山 皓一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オメル・セイフェッティンの関連キーワードジヤ・ギョカルプジヤ・ギョカルプトルコ文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android