コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オメル・セイフェッティン Ömer Seyfettin

1件 の用語解説(オメル・セイフェッティンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オメル・セイフェッティン【Ömer Seyfettin】

1884‐1920
トルコの作家。陸軍士官学校卒業後,軍人として各地に勤務したのち退役,《若いペン》誌への定期寄稿者となった。バルカン戦争に際し軍務に復帰し捕虜となったのち再び退役,コンスタンティノープルで高校教師をつとめながら創作活動を続けた。トルコ語簡素化運動を推進し,論文《新言語》(1911)は次の世代に大きな影響を及ぼした。短編小説が多く,10巻の全集があるほか,戯曲《純潔の試練》もある。【小山 皓一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オメル・セイフェッティンの関連キーワード陸軍士官学校陸軍幼年学校士官学校陸士海軍士官候補生伊庭三郎小島好問鈴木孝雄南部辰丙西原茂太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone