コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリンピア祭 オリンピアサイ

デジタル大辞泉の解説

オリンピア‐さい【オリンピア祭】

オリンピアで4年ごとの夏に開催された、ゼウスにささげる祭典。前776年からローマ皇帝の勅令で廃止される393年まで293回続き、各種の競技が行われた。この期間中は、全ギリシャの戦争は休戦となった。→オリンピック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オリンピアさい【オリンピア祭】

オリンピアでゼウスを祭って開かれた古代ギリシャの祭典。競走・戦車競走などの体育競技が同時に催された。紀元前776年に始まり、後393年に廃止されるまで四年に一度開催されたこの競技には、全ギリシャから参加者が集まり、優勝者にオリーブの冠が与えられた。 → オリンピック

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

オリンピア祭の関連キーワードエンディミオン(ギリシア神話)エリス(ギリシアの地名)パンクラチオンオリンピアードバキリデスピンダロススポーツ祭典競技

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android