オルディーン・ナシチョキン(英語表記)Afanasii Lavrent’evich Ordin‐Nashchokin

世界大百科事典 第2版の解説

オルディーン・ナシチョキン【Afanasii Lavrent’evich Ordin‐Nashchokin】

1605ころ‐80
ロシアの貴族,外交官。プスコフの士族の家に生まれたが,のち外交において卓越した手腕を発揮して外務部の長官となり,貴族にも列せられた。さらにアレクセイ・ロマノフ帝の協力者として,徴兵制の導入,新商業条例の制定などの改革を推進した。こうした彼の改革は,のちのピョートル大帝の西欧化政策の先駆けとして位置づけられる。【土肥 恒之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android