コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルデンブルグ Sergei Fyodrovich Ol’denburg

世界大百科事典 第2版の解説

オルデンブルグ【Sergei Fyodrovich Ol’denburg】

1863‐1934
ロシアの東洋学者。ペテルブルグ大学東洋学部卒業後,科学アカデミー常任書記,東洋学研究所長を歴任。学問的業績は多岐にわたったが,とくにインド古代・中世の文化史・宗教史に多い。1909‐10年と14‐15年の2回,東トルキスタンの考古学的調査団を主宰した。1897年彼の提唱により仏典刊行の国際事業がおこされ,〈仏教文庫Bibliotheca Buddhica〉シリーズが出版された。【若松 寛】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルデンブルグ
おるでんぶるぐ
Сергей Фёдорович Ольденбург Sergey Fyodorovich Ol'denburg
(1863―1934)

ロシアの東洋学者。ロシアのインド学創始者ミナーエフИван Павлович Минаев/Ivan Pavlovich Minaev(1840―90)の弟子。ペテルブルグ大学東洋学部卒、1889年より同大学で教える。科学アカデミー会員(1900)、同常任書記(1904~29)、臨時政府文部大臣(1917)を経て、1930~34年ソ連科学アカデミー東洋学研究所所長。研究の中心はインド古代・中世の文化・宗教史である。1894年の『仏教伝説』は、インド文学史とインド・東洋民俗学、ロシア・西欧民俗学に関する一連の研究の基礎をなすものである。ほかに仏教史、仏教芸術、古代文献に関する研究がある。1909~10年、14~15年の2回、ロシアの東トルキスタン探検隊を率いた。1回目のクチャ、トゥルファンなどについては報告書が出版されたが、2回目の敦煌(とんこう)方面についてはない。1897年以降『仏教経典集』の編修に尽力した。[木村英亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルデンブルグの関連キーワードF. シチェルバツコーイヨハネス シューラー中央アジア美術敦煌文書ミュニヒ敦煌学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android