コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルトロス オルトロスOrthros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルトロス
Orthros

ギリシア神話の猛犬。テュフォンエキドナの交わりから生れたとされる恐ろしい怪物たちの一つ。エキドナと母子姦して,スフィンクスネメアのライオンとを誕生させたという。3頭の巨人ゲリュオンの飼い犬となり,世界の西のはてのエリュテイア島でその牛の群れの番をしていたが,エウリュステウスの命令でこの牛の群れを奪いに来たヘラクレスによって退治されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオルトロスの言及

【イヌ(犬)】より

…そして従順になった犬を従えて帰ったところが,それを見てエウリュステウスは震え上がって,すぐにまた冥府に戻させたという。このテュフォンとエキドナの長子は,オルトロスOrthrosと呼ばれる怪物の犬で,二つの頭をもち,エキドナと母子姦して,どちらも恐ろしい怪物であるスフィンクスとネメアのライオンを生ませた。世界の西の果てにあるエリュテイア島で,頭が三つで手足がそれぞれ6本ずつあった巨人ゲリュオンGēryōnの所有する牛の大群の番をしていたが,12の功業の一つとしてこの牛群を奪ってくることを命じられてはるばる旅してきたヘラクレスにより,なんなく退治されてしまったという。…

※「オルトロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルトロスの関連キーワード平栗あつみ河北麻友子栗原みぃか下江梨菜古川真司山本龍二山口太郎淺井孝行若羽幸平山崎満ネメア渡辺穣小幡誠

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルトロスの関連情報