コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドス系金銅仏 オルドスけいこんどうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドス系金銅仏
オルドスけいこんどうぶつ

中国,五胡十六国北魏の初期に,西北のオルドス地域に流行した初期金銅仏。幼稚で素朴な様式をそなえている。大きいものでも 15cm,通常6~8cmの小像で,奇妙な獅子台座になっているものが多い。顔はほっそりしているが,僧衣通肩結跏趺坐 (けっかふざ) の全身を包み,多くは禅定印。日本にも多く将来され,東京芸術大学などに所蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android