オルドナンス(英語表記)ordonnance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドナンス
ordonnance

フランス法制史上,国王勅令一般をいうが,現在では政府がそのプログラムの執行のために,議会の承認を得て発する政令のうち,通常は法律の領域に属する措置を,限定された期間に限り政府が発令することを許すというフランス第5共和国憲法上の制度に基づくものをいう。コンセーユ・デタの意見を聞いたのちに,閣議において定められ,公示後ただちに効力を生ずるが,追認法律案授権法によって定められる日以前に議会に提出されない場合には,失効する (フランス憲法 38) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android