コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

授権法 じゅけんほうErmächtigungsgesetz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

授権法
じゅけんほう
Ermächtigungsgesetz

全権委任法とも言われる。近代ドイツ史において,ナチスに全権委任を許した 1933年3月 23日の特別法。正式には「民族および邦の危機を除去するための法律」 Gesetz zur Behebung der Not von Volk und Reichといわれ,議会や大統領の承認なしに政府が立法権を行使できる法律となっている。当初は4年間の時限立法であったが,更新を繰返し,ナチスの独裁に合法性を与えることになった。授権法とは本来,法律の委任を定める法律一般 (→委任立法 ) であって,日本の国家総動員法などもこれにあたるといえる。また,ドイツ近代史上ほかにも例がみられるが,33年のものが最も著名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅけんほう【授権法】

議会が他の国家機関に対して立法権の一部を委任することを定める法律。特に広範な権限を包括的に委任する場合にこの名称が使われる。ナチス政権下の授権法(1933年)が典型例だが、日本の国家総動員法などもこの性格をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の授権法の言及

【ヒトラー】より

…32年12月シュライヒャー首相によるG.シュトラッサー入閣の画策の失敗後,33年1月30日大統領ヒンデンブルクにより首相に任命される。 1933年3月5日の国会選挙でナチスは647議席のうち288議席を獲得し,同年3月23日の授権法により議会政治を排除,5月以降,政党,労働組合の解散を強行し,ナチスによる一党支配を確立した。34年6月レーム,シュライヒャー,G.シュトラッサーなど潜在的な敵対者を粛清(レーム事件)。…

※「授権法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

授権法の関連キーワードドイツ国家人民党イングランド教会ワイマール憲法ポツダム命令国家非常事態ドイツ民主党オルドナンスベネズエラ国家機関法規命令戦時体制労働株性格権限名称

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

授権法の関連情報