オルニトレステス(英語表記)Ornitholestes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爬虫類竜盤目に属する二脚歩行の小型肉食恐竜ジュラ紀後期の北アメリカに生息していた。体長 2mあまりで,ほっそりとした体に小さく長めの頭骨と,屈曲自在の長い首と長いをもつ。細長い両足には 3本の足があって,手のは足の爪よりも曲がっており,獲物を捕える指に適していた。オルニトレステスという名は「鳥の略奪者」のであるが,おもにトカゲ類や小型哺乳類をとしていたらしい。小型ですばしっこい種類で,その特徴が手のつくりにみられる。頭と首を伸ばして,尾でのバランスをとって走ったと思われる。森の下草の地域にすみ,今日の動物の世界で小型哺乳類が果たしている役割を,当時はオルニトレステスが果たしていた。アメリカ合衆国ワイオミング州で完全骨格が発見されている。コエルルスという属名で呼ばれることがあり,これは「中空の尾」の意で,椎骨が中空であることを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android