コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビエート Orvieto

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルビエート
おるびえーと
Orvieto

イタリア中部、ウンブリア州テルニ県の都市。人口2万0692(2001国勢調査速報値)。テベレ川の支流パーリア川沿いの丘上に位置する。紀元前7~前3世紀には、エトルリア人の拠点都市であった。イタリア・ゴシック風の大聖堂(13~14世紀)をはじめ、歴史的、美術的価値の高い建物が多数存在する。ただ、不安定な土壌的基盤によって生じる破壊の危険から建造物を守ることが、現在大きな課題となっている。ぶどう酒の産地としても有名である。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルビエートの関連キーワードピサーノ(Andrea Pisano)オルビエートのドゥオーモサンパトリツィオの井戸フラ・アンジェリコエトルリア美術マジョリカ陶器ソリアーノ宮殿オルカーニャゴシック美術サンミケーリシニョレッリゴッツォリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルビエートの関連情報