オルミズド4世(読み)オルミズドよんせい(英語表記)Ormizd IV; Hormizd IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]?
[没]590
古代イラン,ササン朝の王 (在位 579~590) 。ホスロー1世の子。父の死後即位。権力者や圧制者にきびしく接して弱者の保護に努め,またキリスト教徒に対して寛容策をとったといわれる。しかし,ビザンチン帝国に対しては父の政策を引継ぎ,強硬策をとった。晩年,トルコ族撃退にあった将軍バフラム・チュービーンによって王位を追われ,バフラムを破った息子のホスロー2世パルビズによって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android