オルミズド4世(読み)オルミズドよんせい(英語表記)Ormizd IV; Hormizd IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルミズド4世
オルミズドよんせい
Ormizd IV; Hormizd IV

[生]?
[没]590
古代イラン,ササン朝の王 (在位 579~590) 。ホスロー1世の子。父の死後,即位。権力者や圧制者にきびしく接して弱者の保護に努め,またキリスト教徒に対して寛容策をとったといわれる。しかし,ビザンチン帝国に対しては父の政策を引継ぎ,強硬策をとった。晩年,トルコ族撃退に功あった将軍バフラム・チュービーンによって王位を追われ,バフラムを破った息子のホスロー2世パルビズによって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android