コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレニョク川 オレニョクがわreka Olenëk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレニョク川
オレニョクがわ
reka Olenëk

ロシア東部,サハ共和国北西部を流れる川。全長 2292km。流域面積 22万 km2。中央シベリア台地北東部に源を発し,東流のち北流し,北シベリア低地東部を流れてラプテフ海のオレニョク湾に注ぐ。9月末~6月は結氷。河口から中流部のスハナまで航行可能。流域は未開発であるが,下流域には石炭,石油,天然ガスの大規模な鉱床があることが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレニョク川
おれにょくがわ
Оленёк Olenyok 

ロシア連邦、東シベリア、サハ共和国を流れる川。長さ2270キロメートル、流域面積22万平方キロメートル。中央シベリア台地から発し、北シベリア低地を流れて北極海のラプテフ海に注ぐ。9月下旬~6月上旬は結氷する。水産、森林資源に富むが未開発である。[宇根 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オレニョク川の関連キーワードセグロカモメドルガン族

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android