オロッコ語(読み)オロッコご(英語表記)Orok language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロッコ族の言語。ツングース語の一つで,サハリン島北部と中部に話され,一般にその南方群に分類される。話し手は約 3400人。ウイルタ語ともいう。ナーナイ語オルチャ語に近い。音韻面では母音調和がみられる。形態面では,名詞,数詞,代名詞,動詞において語幹語尾が接尾して語形替変が行われる。日本語との接触もあり,masaari (まさかり) ,musuri (〈むしろ〉) ,satu (砂糖) など,日本語からの借用語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオロッコ語の言及

【ウイルタ語】より

…サハリン(樺太)のポロナイスク(敷香(しくか))付近から北部に居住する少数民族ウイルタ族の固有の言語。従来オロッコ語Orokkoとよばれたが,ウイルタはこの民族の自称である。ツングース諸語の一つである。…

※「オロッコ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android