コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロッコ語 オロッコごOrok language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロッコ語
オロッコご
Orok language

オロッコ族の言語。ツングース語の一つで,サハリン島北部と中部に話され,一般にその南方群に分類される。話し手は約 3400人。ウイルタ語ともいう。ナーナイ語オルチャ語に近い。音韻面では母音調和がみられる。形態面では,名詞,数詞代名詞,動詞において語幹に語尾が接尾して語形替変が行われる。日本語との接触もあり,masaari (まさかり) ,musuri (筵〈むしろ〉) ,satu (砂糖) など,日本語からの借用語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オロッコ語【オロッコご】

ウイルタ語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オロッコ語
おろっこご

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオロッコ語の言及

【ウイルタ語】より

…サハリン(樺太)のポロナイスク(敷香(しくか))付近から北部に居住する少数民族ウイルタ族の固有の言語。従来オロッコ語Orokkoとよばれたが,ウイルタはこの民族の自称である。ツングース諸語の一つである。…

※「オロッコ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オロッコ語の関連キーワードワモンアザラシ(輪紋海豹)ウイルタ族オロッコ族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android