コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロッコ語 オロッコごOrok language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロッコ語
オロッコご
Orok language

オロッコ族の言語。ツングース語の一つで,サハリン島北部と中部に話され,一般にその南方群に分類される。話し手は約 3400人。ウイルタ語ともいう。ナーナイ語オルチャ語に近い。音韻面では母音調和がみられる。形態面では,名詞,数詞代名詞,動詞において語幹に語尾が接尾して語形替変が行われる。日本語との接触もあり,masaari (まさかり) ,musuri (筵〈むしろ〉) ,satu (砂糖) など,日本語からの借用語がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オロッコ語【オロッコご】

ウイルタ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オロッコ語
おろっこご

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオロッコ語の言及

【ウイルタ語】より

…サハリン(樺太)のポロナイスク(敷香(しくか))付近から北部に居住する少数民族ウイルタ族の固有の言語。従来オロッコ語Orokkoとよばれたが,ウイルタはこの民族の自称である。ツングース諸語の一つである。…

※「オロッコ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オロッコ語の関連キーワードワモンアザラシ(輪紋海豹)ウイルタ族オロッコ族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android