語形替変(読み)ごけいたいへん(英語表記)inflection; flection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単語文中で他の単語との文法的関係を表わすために,その語形をかなり規則的に替える現象をさす。屈折ともいう。西洋文典では,一般に名詞形容詞代名詞詞などの語形替変を曲用,動詞のそれを活用といい,両者を合せて屈折という。日本語の活用は人称範疇がなく,切れ・続きの関係を主とする,かなりの異なるものである。なお,ここに「替変」という術語を用いたのは,共時論における文的な語形の交替という意味で,通時論における「語形変化」 (「受く」の連体形類推で'ukuru → 'ukeruと変化したことなど) と区別するためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android