コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語形替変 ごけいたいへんinflection; flection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

語形替変
ごけいたいへん
inflection; flection

単語が文中で他の単語との文法的関係を表わすために,その語形をかなり規則的に替える現象をさす。屈折ともいう。西洋文典では,一般に名詞,形容詞代名詞,数詞などの語形替変曲用,動詞のそれを活用といい,両者を合せて屈折という。日本語の活用は人称の範疇がなく,切れ・続きの関係を主とする,かなり性格の異なるものである。なお,ここに「替変」という術語を用いたのは,共時論における文法的な語形の交替という意味で,通時論における「語形変化」 (「受く」の連体形が類推で'ukuru → 'ukeruと変化したことなど) と区別するためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone