コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロンテス[川] Orontēs[ギリシア]

1件 の用語解説(オロンテス[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オロンテス[川]【Orontēs[ギリシア]】

レバノンのベカー高原バールベク地方を源流とし,シリアホムスハマーを北方に貫流,トルコアンタキヤ近くで地中海に注ぐ川。シリア西部最大の川で,全長約497km。アラビア語ではナフル・アルアシーNahr al‐‘Aṣī,現トルコ語ではアシAsi川。シリアの灌漑・土地開発にとって重要な水資源の一つとなっている。1963‐69年にこの川を利用してラスタン・ダム,メハルダ・ダムや水路網などが建設され,ハマーの北東にあるガーブ沼沢地が7万2000ha開発され,さらに4万9000haが開発中である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オロンテス[川]の関連キーワードレバノン有るべかしざるべからず初心忘るべからずべかしレバノン杉プラノバールシャトルベクターレバノンとヒズボラレバノン情勢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone