オロンテス[川](英語表記)Orontēs[ギリシア]

世界大百科事典 第2版の解説

オロンテス[川]【Orontēs[ギリシア]】

レバノンのベカー高原のバールベク地方を源流とし,シリアのホムスやハマーを北方に貫流,トルコのアンタキヤ近くで地中海に注ぐ川。シリア西部最大の川で,全長約497km。アラビア語ではナフル・アルアシーNahr al‐‘Aṣī,現トルコ語ではアシAsi川。シリアの灌漑・土地開発にとって重要な水資源の一つとなっている。1963‐69年にこの川を利用してラスタン・ダム,メハルダ・ダムや水路網などが建設され,ハマーの北東にあるガーブ沼沢地が7万2000ha開発され,さらに4万9000haが開発中である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android