コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーディベルティ Jacques Audiberti

1件 の用語解説(オーディベルティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オーディベルティ【Jacques Audiberti】

1899‐1965
フランスの劇作家。ジャーナリストとして出発し,詩集《人間の民族》(1937)や小説《アブラクサス》(1938)などがあるが,劇作家としての名声に及ばない。1946年《コアト・コアト》で劇界に登場。47年演出家ビタリが若者の劇団コンクールで優勝した《悪は走る》で,彼の名声は定着する。62年コメディ・フランセーズが《体がむずむず》を上演した時はスキャンダルが持ち上がった。《黒い祭り》(1949),《乙女》(1950),《騎士ひとり》《グラピオン効果》(ともに1959)など,シュルレアリスムの影響を受けたその文体は,時には饒舌とも思える音楽的詩句を自由に操りながら,ユーモアファンタジーとを混じえて,現代を代表するもっとも創造的な言語の演劇となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オーディベルティの関連キーワードアニオン電着塗装リジェンダー外国人学校厳木中央公論ロシア映画石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone