コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーディベルティ Jacques Audiberti

世界大百科事典 第2版の解説

オーディベルティ【Jacques Audiberti】

1899‐1965
フランスの劇作家ジャーナリストとして出発し,詩集《人間の民族》(1937)や小説《アブラクサス》(1938)などがあるが,劇作家としての名声に及ばない。1946年《コアト・コアト》で劇界に登場。47年演出家ビタリが若者の劇団コンクールで優勝した《悪は走る》で,彼の名声は定着する。62年コメディ・フランセーズが《体がむずむず》を上演した時はスキャンダルが持ち上がった。《黒い祭り》(1949),《乙女》(1950),《騎士ひとり》《グラピオン効果》(ともに1959)など,シュルレアリスムの影響を受けたその文体は,時には饒舌とも思える音楽的詩句を自由に操りながら,ユーモアファンタジーとを混じえて,現代を代表するもっとも創造的な言語の演劇となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オーディベルティの関連キーワード[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer Churchill、政治家)アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android