オーディベルティ(英語表記)Jacques Audiberti

世界大百科事典 第2版の解説

オーディベルティ【Jacques Audiberti】

1899‐1965
フランスの劇作家。ジャーナリストとして出発し,詩集《人間の民族》(1937)や小説《アブラクサス》(1938)などがあるが,劇作家としての名声に及ばない。1946年《コアト・コアト》で劇界に登場。47年演出家ビタリが若者の劇団コンクールで優勝した《悪は走る》で,彼の名声は定着する。62年コメディ・フランセーズが《体がむずむず》を上演した時はスキャンダルが持ち上がった。《黒い祭り》(1949),《乙女》(1950),《騎士ひとり》《グラピオン効果》(ともに1959)など,シュルレアリスムの影響を受けたその文体は,時には饒舌とも思える音楽的詩句を自由に操りながら,ユーモアとファンタジーとを混じえて,現代を代表するもっとも創造的な言語の演劇となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android