コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーリヤック Aurillac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーリヤック
Aurillac

フランス中南部,カンタル県県都。商業とオーベルニュ観光の中心地で,特にフルムとブルードーベルニュの2種類のチーズを中心とする酪農製品や家畜の取引で有名。新市街に囲まれた旧市街にはゴシック様式の教会 (1339) など,中世史跡が残る。人口3万 2652 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーリヤック
おーりやっく
Aurillac

フランス中南部、カンタル県の県都。人口3万0551(1999)。トゥールーズの北東169キロメートル、ヨルダン川沿岸にある。14世紀建立のノートルダム・オ・ネージュ教会や、11世紀のサンテティエンヌ城などの建築物で有名。銅製品、雨傘、食品、薬を生産している。家畜とカンタルチーズの中心市場。町は、9世紀後半建設のベネディクト派修道院の周囲に発展した。[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オーリヤックの関連キーワードジェルベール[オーリヤックの]ギヨーム[オーベルニュ]シルウェステル2世ドゥメール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android