コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイバル・パクトゥンクワ州 カイバル・パクトゥンクワKhyber Pakhtunkhwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイバル・パクトゥンクワ〔州〕
カイバル・パクトゥンクワ
Khyber Pakhtunkhwa

パキスタン北部の州。旧称北西辺境州。州都および政治・経済の中心はペシャワル。18世紀末にはパキスタン北西部とアフガニスタン東部との国境を形成する山岳地帯を占めるシク王国の一部であった。1901~55年は東部の 6特別地区を含み,インドの一州であったが,1955年,西パキスタン州に編入され州の地位を失った。1970年の西パキスタン州解体に伴い,再び州となり,スワート(→スワート地区),ディルチトラル(→チトラル地区)を合併した。2010年現名称に変更。北部はカシミール西部,ヒンドゥークシ山脈に連なる雪山地帯。南部はバルチスターンに続く砂漠と丘陵地帯であるが,中央部は標高 1800~3000mの森林に覆われた高地と肥沃な渓谷で,カイバー峠がある。山岳地帯を中心に少数民族が居住し,特にアフガニスタン系のパターン人(→アフガン人)が知られている。彼ら自身パクトーンと呼び,ペルシア語系のパシュト語を話す。近年政界の要人や,特に軍人にパターン人が多く,アユーブ・カーンヤヒア・カーンもパターン人。その他多数の少数民族が州内に自治区をもち,政府の管理下にはあるが,独自の行政を行なっている。大部分がイスラム教徒で,好戦性,勇気,友愛,不屈の精神などで有名。ここを中心にパターン人の独立運動(→パクトニスタン運動)があり,一時は武力紛争となったこともある。行政的には,ペシャワル,デライスマイルカーン,マラカンド,ハザーラの 4県がある。面積 7万4521km2。人口 2139万2000(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カイバル・パクトゥンクワ州の関連キーワード預言者ムハンマドのイスラム法施行運動ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派マハバットハーンモスクシャンカルダール大塔アザドカシミール准州サイドゥシャリーフシャーバーズガリーガッファル・カーンイストルオナール山シャンドゥール峠パキスタン地震アボッタバードタフティバヒーワリ・カーンサリバロールキッサカワニチャールサダペシャワールウデグラムチャルサダ