コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロネイア Chairōneia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイロネイア
Chairōneia

ボイオチア北部,ペトラコス山上に位置し,北ギリシアからの侵入路を守備した古代ギリシアの要塞都市。前 338年その付近でマケドニアフィリッポス2世アテネテーベのギリシア連合軍を破った。またプルタルコスはこの都市の出身。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイロネイア
かいろねいあ
Chaironeia

中部ギリシア、ボイオティア地方北西端の古代都市。北ギリシアからの交通路の要地にあたり、古代の重要な合戦の場として知られる。紀元前338年にはマケドニアのフィリッポス2世がアテネ・テーベ連合軍を破った(カイロネイアの戦い)。フィリッポス2世の戦勝記念の獅子(しし)像が今日も立っている。前86年にはローマのスラがミトリダテス6世の部将の軍隊に対し決定的勝利をあげた。プルタルコスの出生地としても知られる。[篠崎三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカイロネイアの言及

【カイロネイアの戦】より

…これに脅威を感じたテーバイとアテナイは同盟を結んで対抗。前338年夏,両軍はボイオティア北西の都市カイロネイアChairōneia近郊で対戦したが,勝利はマケドニア側に帰した。ギリシア諸ポリスは,この敗戦で事実上の自治・独立を失った。…

※「カイロネイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイロネイアの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)デモステネス(雄弁家、政治家)アレクサンドロス3世(大王)総合年表(ヨーロッパ)ミトリダテス[6世]フィリッポス(2世)ポリス(都市国家)ケーロネアの戦いカイロネイアの戦アテネ(ポリス)マケドニア王国コリントス同盟フィリペイオンコリント連盟エウボイア島リュクルゴスデモステネスヘレニズムヘラス連盟神聖隊

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android