コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエンソウ かえんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カエンソウ
かえんそう / 火焔草
[学]Manettia cordifolia Mart. var. glabra Standl.

アカネ科の常緑のつる性多年草で、ブラジル南部、ペルーからアルゼンチンまで広い地域に分布する。葉は対生し、長卵形で、基部は心臓形となる。葉面に毛がない点が他種と異なる。花は葉腋(ようえき)に単生し、長さ4~5センチメートル、赤色筒状で冬から春に開き、強い嘔吐(おうと)作用があり、原地では薬用に供されるという。日本には嘉永(かえい)年間(1848~54)に渡来したが、現在は栽培されない。マネッティア属は熱帯アメリカに約130種が分布する。近縁種のアラゲカエンソウM. inflata Spragueはウルグアイ、パラグアイに分布する。花は橙赤(とうせき)色筒状で、外面に粗い短毛を密生し、先端は黄色。じょうぶなつる性草本で、支柱に添わせるか、吊(つ)り鉢作りに向く。冬から春にかけて花を開く。挿木で殖やす。8℃以上で越冬する。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカエンソウの言及

【マネッチア】より

…赤い花は長卵状漏斗形をなし,先端は浅く4裂し,美しい。別名のカエンソウ(火焰草)は花が赤いことによる。原産地は南アメリカ。…

※「カエンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カエンソウの関連キーワードマネッチア