コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクトアール caquetoire

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

カクトアール【caquetoire〈フランス〉】

16世紀後半のフランスで作られた肘(ひじ)掛け椅子(いす)。上流婦人の大きく張ったスカートでも座りやすいように、座面が前方の広がった台形になっていて、背板は細長い。また、4本の脚は下が横木でつながっている。イギリスでは同じような意図で考案された椅子としてファージンゲールチェアがあるが、肘掛けがないのが異なる。◇フランス語で「おしゃべりをする」の意の「カクテ(caqueter)」に由来。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カクトアール【caquetoire】

フランスのアンリ2世の時代にあらわれた,ゆったりした肘掛椅子。宮廷に出仕する上流婦人の大きく張ったスカート(ベルテュガダン,英語でファージンゲール)の破損を防ぐために作られたもの。座の前部が広く後部が狭くなり,背板は細長く表面に豪華な彫刻装飾がほどこされる。名はフランス語の〈caqueter(おしゃべりをする)〉に由来する。イギリスでもエリザベス1世のころ,ファージンゲール・チェアと呼ばれる肘掛けのない椅子が流行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android