コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクトアール caquetoire

2件 の用語解説(カクトアールの意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

カクトアール【caquetoire〈フランス〉】

16世紀後半のフランスで作られた肘(ひじ)掛け椅子(いす)。上流婦人の大きく張ったスカートでも座りやすいように、座面が前方の広がった台形になっていて、背板は細長い。また、4本の脚は下が横木でつながっている。イギリスでは同じような意図で考案された椅子としてファージンゲールチェアがあるが、肘掛けがないのが異なる。◇フランス語で「おしゃべりをする」の意の「カクテ(caqueter)」に由来。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カクトアール【caquetoire】

フランスのアンリ2世の時代にあらわれた,ゆったりした肘掛椅子。宮廷に出仕する上流婦人の大きく張ったスカート(ベルテュガダン,英語でファージンゲール)の破損を防ぐために作られたもの。座の前部が広く後部が狭くなり,背板は細長く表面に豪華な彫刻装飾がほどこされる。名はフランス語の〈caqueter(おしゃべりをする)〉に由来する。イギリスでもエリザベス1世のころ,ファージンゲール・チェア呼ばれる肘掛けのない椅子が流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カクトアールの関連キーワードアランフルニエアングロアラブフランソワ現れサンジェルマンアンレー城ブルボン王朝ボージュ広場アンリ[3世]カトリーヌ・ド・メディシスアングロ・アラブ(アア)種 (Anglo-Arab, Anglo-Arabian)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone