コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カササギガン かささぎがん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カササギガン
かささぎがん / 鵲雁
magpie goose
[学]Anseranas semipalmatus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。1属1種でカササギガン亜科を構成する。北部オーストラリア、ニューギニア島に分布する。全長約88センチメートル。細長い頸(くび)、翼、尾、腿(たい)部が黒色、そのほかの体部が白色の2色である。黄色い嘴(くちばし)から目の近くまで皮膚が露出している。足は長く黄色で、水かきは小さい。マコモの生えた沼地に、それを足で倒して巣をつくり、コロニーを形成して繁殖するほか、木にも止まってねぐらにする。まったくの草食性で、倒したマコモの穂も好んで食べる。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカササギガンの言及

【ガン(雁)】より

…ガン類は一般にハクチョウ類とカモ類の中間の大きさの鳥で,カモ科の中では最も陸上生活に適応している。マガン(イラスト),ヒシクイ(イラスト),ハイイロガン(イラスト),シジュウカラガン(イラスト),カササギガン,ロウバシガン,コバシガンなどの仲間があり,世界中に広く分布はしているが,アフリカとオーストラリアには種類は少ない。カモ類と異なって,多くのものは雌雄同色であるが,コバシガン類の中には雌雄異色のものがある。…

※「カササギガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カササギガンの関連キーワードガン(雁)ガンカモ類黒田長久マコモ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android