コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザケービッチ Kazakevich, Emmanuil Genrikhovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カザケービッチ
Kazakevich, Emmanuil Genrikhovich

[生]1913.2.24. ポルタバクレメンチュグ
[没]1962.9.22. モスクワ
ソ連の作家。若い頃は極東地方で文化指導委員などの仕事に従事したが,1938年モスクワに戻り,著作に専念しはじめた矢先に第2次世界大戦が勃発,義勇兵として戦線に加わり,モスクワ攻防戦,ベルリン攻撃などに数々の軍功を立てた。作品の大半は,これらの軍隊生活の体験をもとに書かれている。『星』 Zvezda (1947) ,『大草原の二人』 Dvoe v stepi (49) などがあるが,最も有名なのが長編『オーデルの春』 Vesna na Odere (49) で,大戦末期の白ロシア第1方面軍によるベルリン攻撃が描かれている。遺作に,革命前夜のレーニン,ジノビエフらを描いた『青いノート』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カザケービッチの関連キーワードジノビエフモスクワ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android