コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢先 ヤサキ

デジタル大辞泉の解説

や‐さき【矢先】

矢の先。やじり。
矢の飛んでくる所。矢おもて。
物事が始まろうとする、ちょうどそのとき。「帰ろうとした矢先に呼ばれる」
ねらう目あて。ねらい。
「―ノコマカナ人」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やさき【矢先】

やじり。
矢の飛んで来る正面。矢面。
物事の始まろうとするちょうどその時。 「外出しようとする-に客が来る」
弓矢をもって戦うこと。 「返事は互に-の時、帰れやつとぞ仰せける/浄瑠璃・国性爺後日」
狙うめあて。ねらい。 「 -ノコマカナ人/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矢先の関連キーワードスミス(Patti Smith)大規模地震対策特別措置法伊原木 藻平(3代目)原爆の実相に書かれた話リッチー ヴァレンスカルロス ガルデルアーチェリーの用語ロベルト エンケパット ギリック輸入食品の安全性熱海港の高波事故シーメンス事件しばた はつみカザケービッチトルコ大地震大久保 利通旧吉田茂邸皆川賢太郎岸上 大作金谷 フサ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢先の関連情報