矢先(読み)ヤサキ

デジタル大辞泉の解説

や‐さき【矢先】

矢の先。やじり。
矢の飛んでくる所。矢おもて。
物事が始まろうとする、ちょうどそのとき。「帰ろうとした矢先に呼ばれる」
ねらう目あて。ねらい。
「―ノコマカナ人」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やさき【矢先】

やじり。
矢の飛んで来る正面。矢面。
物事の始まろうとするちょうどその時。 外出しようとする-に客が来る
弓矢をもって戦うこと。 返事は互に-の時、帰れやつとぞ仰せける/浄瑠璃・国性爺後日
狙うめあて。ねらい。 -ノコマカナ人/日葡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢先の関連情報