カシア油(読み)かしあゆ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシア油
かしあゆ
cassia oil

精油の一つ。桂油(けいゆ)、桂皮油ともいう。中国南部に栽培されるカシア(クスノキ科)の樹皮を水蒸気蒸留すると収油率1.5%、小枝からは収油率0.2%、葉からは収油率0.54%で得ることができる。その主成分は桂皮アルデヒド(シンナミックアルデヒド)で含有率85~95%で、ほかは桂皮酸や酢酸シンナミルである。食品香料として重要であり、菓子、パン、飲料、ピクルス、チューインガムなどに広く用いられる。また、せっけん香料としても使用され、桂皮アルデヒドの原料として重要である。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカシア油の言及

【カシア】より

…また漢方で薬用にする。カシアを蒸留してカシア油(桂皮油)を作り,薬用・香料に用いる。近縁種にスパイスとして用いられるものがいくつかあり,しばしば混同される。…

※「カシア油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android