コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシュガル(喀什噶爾)界約 カシュガルかいやくKashgar Jie-yue; Kashgar Chieh-yüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシュガル(喀什噶爾)界約
カシュガルかいやく
Kashgar Jie-yue; Kashgar Chieh-yüeh

ロシアと中国清朝間の中央アジアの国境画定条約。 1882年 (清,光緒8年) および 84年にカシュガルで締結された。 19世紀に中央アジアに進出したロシアは,それまでの国境を南西方に延長しようとして,タルバガタイ (塔爾巴哈台) 条約を結び,コーカンド辺界までのロシア,清朝間の国境を定めた。しかしロシアによるイリ地方の占領の結果,81年イリ (伊犂) 条約が締結され,のちイリ条約に基づいてカシュガル界約が結ばれ,新たな国境が画定された。この国境は前の国境に比して清に不利となったが,現在も国境の一部をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android