コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティリア・ラマンチャ自治州 カスティリア・ラマンチャCastilla-La Mancha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティリア・ラマンチャ〔自治州〕
カスティリア・ラマンチャ
Castilla-La Mancha

スペイン中部の自治州。 1982年自治州となった。 11世紀にカスティリア王国に併合されたムーア人のトレド王国の範囲にほぼあたり,シウダードレアルクエンカグアダラハラ,トレド,アルバセテの5県から成る。メセタと呼ばれる中央高原南部に位置し,北はカスティリア・レオン,マドリード両州,南はモレナ山脈,東はイベリア山系,西はエストレマドゥラ州に限られる。中心都市トレド。乾燥が激しく,古来からコルクの産地として知られる。農牧業,林業が中心。トレド周辺は鉱物資源に富み,工業も発達している。面積7万 9226km2。人口 165万 83 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスティリア・ラマンチャ自治州の関連キーワードアルマデン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android