コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステラル・イ・リポル Castelar y Ripoll, Emilio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステラル・イ・リポル
Castelar y Ripoll, Emilio

[生]1832.9.8. カディス
[没]1899.5.25. サンペドロデルピンタル
スペインの政治家,歴史家。マドリード大学教授。カステラールとも表記される。 19世紀後半のスペイン共和主義者の代表者。 1865年君主制反対の反政府活動により教授の椅子を追われる。翌年共和派の革命に失敗して死刑を宣告され,フランスに亡命。 68年9月の革命の成功により帰国し,73年第一共和制大統領となった。翌年1月急進派に追われ,再度亡命。 75年アルフォンソ 12世による王政復古後,帰国。晩年は自由主義の立場で君主制を認め,普通選挙,信仰の自由,義務兵役制を主張した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カステラル・イ・リポルの関連キーワードパビア・イ・ロドリゲス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android