コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステル・デル・モンテ Castel del Monte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステル・デル・モンテ
Castel del Monte

イタリアのプーリアにある城。 13世紀前半に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって造営された。正八角形のプラン (床面) をもち,おのおのの角はやはり正八角形の小塔が設けられている。正面入口の破風の形やピラスタ (片蓋柱) には,フリードリヒ2世の古代趣味が現れている。 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカステル・デル・モンテの言及

【アンドリア】より

…ノルマン時代から町が栄え,旧市街には聖ドメニコ教会をはじめとする宗教建築が多く残存している。13世紀に南イタリア一帯を支配したフリードリヒ2世はこの地を好み,アンドリア南方18kmの所にその居城カステル・デル・モンテが残存している。【萩原 愛一】。…

※「カステル・デル・モンテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カステル・デル・モンテの関連キーワードアンドリアモンテ城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android