コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスパール・ハウザー(英語表記)Kaspar Hauser

世界大百科事典 第2版の解説

カスパール・ハウザー【Kaspar Hauser】

1812ころ‐33
1828年,身元不明の男としてニュルンベルクで保護された少年。当時16歳くらいだったが,ろくに話もできず,きわめて低い知能しかなかった。長く地下牢に幽閉されていたらしく,いつも座位を強制され,水とパンだけ与えられて,世間と没交渉で育った。法学者P.J.A.vonフォイエルバハに引き取られ,やがて書記にまでなるが,何者かに2度にわたって襲われて絶命した。出自については,ナポレオン1世の子とか,バーデン大公カール・フリードリヒの子とかの説があり,相続をめぐって幽閉,抹殺されたと称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android