コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスパール・ハウザー Kaspar Hauser

1件 の用語解説(カスパール・ハウザーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カスパール・ハウザー【Kaspar Hauser】

1812ころ‐33
1828年,身元不明の男としてニュルンベルクで保護された少年。当時16歳くらいだったが,ろくに話もできず,きわめて低い知能しかなかった。長く地下牢に幽閉されていたらしく,いつも座位を強制され,水とパンだけ与えられて,世間と没交渉で育った。法学者P.J.A.vonフォイエルバハに引き取られ,やがて書記にまでなるが,何者かに2度にわたって襲われて絶命した。出自については,ナポレオン1世の子とか,バーデン大公カールフリードリヒの子とかの説があり,相続をめぐって幽閉,抹殺されたと称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カスパール・ハウザーの関連キーワード身元保証人手元不如意身元身元金身元引受け身元保証金中国残留邦人身元不明者89号メグレと生死不明の男消えた高齢者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone