コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスパール・ハウザー Kaspar Hauser

世界大百科事典 第2版の解説

カスパール・ハウザー【Kaspar Hauser】

1812ころ‐33
1828年,身元不明の男としてニュルンベルクで保護された少年。当時16歳くらいだったが,ろくに話もできず,きわめて低い知能しかなかった。長く地下牢に幽閉されていたらしく,いつも座位を強制され,水とパンだけ与えられて,世間と没交渉で育った。法学者P.J.A.vonフォイエルバハに引き取られ,やがて書記にまでなるが,何者かに2度にわたって襲われて絶命した。出自については,ナポレオン1世の子とか,バーデン大公カール・フリードリヒの子とかの説があり,相続をめぐって幽閉,抹殺されたと称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カスパール・ハウザーの関連キーワードヤーコプ ワッサーマンワッサーマン種村季弘