コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野生児 やせいじ

4件 の用語解説(野生児の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野生児
やせいじ

乳幼児期から,人間の社会からほぼ完全に隔離された状況で成育したヒトのこと。ただひとり森の中で暮していたといわれるアベロンの野生児オオカミに育てられたとされるインドの2人の少女,幽閉されて人間的接触を絶たれていたカスパー・ハウザーなどが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野生児【やせいじ】

偶然の機会に,幼児期に人間社会から隔離され,動物などと生活をともにするなどして成長した子ども。フランスのアベロンの森で発見された19世紀初頭の野生児や,1920年インドで発見されたオオカミ少女など,約30例が知られるが,疑問視されるものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やせいじ【野生児】

故意によるものであれ,偶然によるものであれ,人生の早期から相当の期間にわたって人間的な環境を完全に,あるいはほとんど奪われ,野生生活を送った子どものことを野生児feral child(wild child)という。これには,(1)歩行が可能となってから,原野や森に迷い込んだり遺棄されたりした結果,人間との接触なしに自力で野生生活を送った子どもと,(2)幼い時期から動物と野生生活を送った子どもとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野生児
やせいじ

早期の成長・発達期に親の養育を受けずに、人間社会から隔離された環境のなかで動物とともに生活した子供を総称する。親から遺棄されたり、野獣にさらわれたりして動物たちとともに生活する子供は物語によく登場するが、実際に発見された子供はヨーロッパを中心にして数十例の報告がある。とくに有名な記録は、18世紀末フランス、アベロン地区コーヌの森で発見され教育者イタールにより訓練された11~12歳の少年ビクトールVictor(アベロンの野生児)、20世紀初めにインド、ミドナポルの森でオオカミに育てられたおよそ8歳と2歳の2人の少女(アマラカマラAmala & Kamala)などの教育訓練・養育の記録で、広く公刊され、学問的にも価値が高い。
 これらの野生児はいずれも発見されたときには言語をもたず、人間としての感情に欠け、野生としての行動が特徴であった。野生児たちの行動や生活の様式は、文明社会に生きる人間とは著しく異なっていたことが記録されている。ビクトールには教育実験ともいうべき訓練がなされたが、その訓練の仮説は、「単に野性的で正常な社会的刺激を奪われているにすぎず、適切な訓練によって人間としての行動や生活の様式が身につけられる」として訓練が開始されたが、目標を達成できず失敗した。アマラとカマラは、食物を直接口で食べたり、四肢で歩いたり、遠吠(とおぼ)えをしたりして、オオカミに類似した行動や生活の様式を変容させることは容易ではなかった。牧師夫人の心血を注いだ養育によって、すこしずつ言語を獲得したが、ついに野性を脱却することができずに成長過程で死亡した。野生児たちの記録からの貴重な示唆は、第一に心身の発達には人間的環境が不可欠であること、第二に心身の発達の適期にふさわしい教育の重要性、第三に発達の適期を逃すと教育が困難になること、などである。[井田範美・佐藤泰正]
『イタール著、古武弥正訳『アヴェロンの野生児』(1982・福村出版) ▽J・A・L・シング著、中野善達・清水和子訳『狼に育てられた子』(1977・福村出版) ▽C・マクリーン著、中野善達訳・編『ウルフ・チャイルド――カマラとアマラの物語』(1984・福村出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野生児の関連キーワード頸管裂傷高エネルギー天文学測色計腸炎爆管系統誤差グッドサル法則(医学)プルキンエの法則追い鞭 (Lungeing Whip)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野生児の関連情報