没交渉(読み)ボツコウショウ

デジタル大辞泉の解説

ぼつ‐こうしょう〔‐カウセフ〕【没交渉】

[名・形動]《「ぼっこうしょう」とも》交渉がないこと。かかわりをもたないこと。また、そのさま。無関係。「世間とは没交渉な生活を送る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼっこうしょう【没交渉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「ぼつこうしょう」とも〕
交渉がなく関係が断たれている・こと(さま)。 「彼とはこの数年間-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼっ‐こうしょう ‥カウセフ【没交渉】

〘名〙 (形動) (「ぼつこうしょう」とも) かかわりあいのないこと。また、そのさま。
一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「今は増税を唱へ、国民多数の幸不幸に於て、都て是れ交渉」 〔通俗編‐交際・没交渉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

没交渉の関連情報