コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスミノキ Cotinus coggygria; smoke tree; smoke bush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスミノキ
Cotinus coggygria; smoke tree; smoke bush

ウルシ科の落葉小高木でヒマラヤ,中国などに自生する。花穂は開花後に花柄が糸のように長く伸びて,全体が柔らかな羽毛状になる。その様子から英名もスモークツリー (煙の木) 。和名にも,ケムリノキハグマノキ (白熊〈はぐま〉は動物のヤクのことで,ヤクの尾でつくった払子という僧の使う説法道具に由来) などの別名がある。羽毛状の部分は黄緑色や銀色がかった緑白色,紫色を帯びたものまで微妙な色合いをもつ。葉は卵形で秋に紅葉する。水はけのよい土壌を好む。枝がよく伸びて樹形が乱れやすいので,適宜切りつめる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android