コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払子 ほっす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

払子
ほっす

仏具の一つ。長い獣毛 (馬の尾毛など) や麻を束ねて柄をつけたもの。もとは蚊やはえなどを追うためにインドで用いられ,仏教では古くから実用だけでなく,煩悩のはえを払う意を寓した儀式用具とした。日本では真宗以外で,導師装身具として手に持つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっ‐す【払子】

唐音》獣毛や麻などを束ねて柄をつけたもの。もとインドで蚊・ハエちりを払うのに用いたが、のち法具となって、中国の禅宗では僧が説法時に威儀を正すのに用いるようになり、日本でも真宗以外の高僧が用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほっす【払子】

獣毛などを束ね,これに柄をつけて蚊虻を追い払う道具。白犛牛(びやくみようご)などの珍獣の毛を用いた華美なものは禁止されたが,一に麈尾(しゆび)と称するように,麈(おおじか)の毛などを用いることも少なくなかった。元来の実用具から,邪悪を払う功徳あるものとされるようになり,中国では禅僧が盛んに用いて一種の荘厳具(しようごんぐ)とされた。日本でも鎌倉以後,禅宗を中心に用いられ,やがて他宗でも法会に導師が用いる法具とされるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっす【払子】

〔「ほっ」 「す」共に唐音〕
もとインドで、虫や塵ちりを払うための具。獣毛や麻などを束ねて柄をつけたもの。後世、中国・日本で僧が説法などで威儀を正すために用いる法具。真宗以外の各派で用いる。 → 麈尾しゆび

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

払子
ほっす

獣の毛などを束ね、これに柄(え)をつけた仏具。サンスクリット語のビヤジャナvyajanaの訳。単に払(ほつ)、あるいは払麈(ほっす)ともよぶ。葬儀などの法要のとき、導師を務める僧が所持するが、元来はインドで蚊などの虫を追い払うために用いたもので、のちには修行者を導くときにも利用される。『摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)』などによれば、比丘(びく)(僧)が蚊虫に悩まされているのを知った釈尊は、羊毛を撚(よ)ったもの、麻を使ったもの、布を裂いたもの、破れ物、木の枝を使ったものなどに柄をつけて、払子とすることを許したという。その材料に高価なものを使用することは、他人に盗みの罪を犯させるとの理由から禁止された。中国では禅宗で住持の説法時の威儀具として盛んに用いられた。日本でも鎌倉時代以後に禅宗で用いられるようになり、真宗以外の各宗で用いられる。[永井政之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

払子の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒ハマボッス(浜払子)ホッスガイ(払子貝)マウリヤ朝美術仏・払・拂・沸百鬼夜行絵巻赤熊・赭熊ハマボッスカスミノキホッスガヤホッスガイ四手・垂鎌倉彫老君像払子守秉払清談四手談柄印可

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

払子の関連情報