コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゼトゲタナゴ カゼトゲタナゴRhodeus atremius atremius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カゼトゲタナゴ
Rhodeus atremius atremius

コイ目コイ科。全長 5cmになる小型のタナゴ。体は菱形で側扁し,体高はやや高い。スイゲンゼニタナゴに似る。口ひげはない。側線は不完全。背鰭の最長不分岐鰭条はやや硬い。体の背方は灰褐色,側腹方は銀白色。体側中央部を暗青色の縦帯が走り,その前端は細くとがる。産卵期は3~6月。九州北西部の平野部のみに分布する。稀少魚。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カゼトゲタナゴの関連キーワード狭骨盤アワビベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)田原翼室田雪子尾崎祐子ウバガイウバガイカモメガイモドキキセルガイ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カゼトゲタナゴの関連情報