コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦帯 ジュウタイ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐たい【縦帯】

動物の体表にある縞模様で、頭と尾を結ぶ軸と平行なもの。縦条縦縞

たて‐おび【縦帯】

垂直方向に長く伸びる帯状のものや模様。
梵鐘の部分の名。で区切られた縦長の帯状の部分。通常は4本あり、乳(ち)の間池の間草の間を縦に4分割する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

縦帯の関連キーワードイトヨリダイ(糸撚鯛)ムスジコショウダイクチベニマイマイスジシマドジョウロクセンフエダイ黍魚子・吉備奈仔アオスジアゲハジュウジギツネアオウミウシネオンテトライトヨリダイオキナヒメジサクラダイシマイサキ箱根山椒魚アブラハヤヒラマサキビナゴカイワリクサグモ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縦帯の関連情報