コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシアヌス カッシアヌス Cassianus, Johannes

2件 の用語解説(カッシアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシアヌス
カッシアヌス
Cassianus, Johannes

[生]360. ドブルージャ
[没]435. マルセイユ
修道士,半ペラギウス的神学 (→半ペラギウス説 ) に立つ神学者。若くしてベツレヘムエジプトで修道生活をおくり,399年頃コンスタンチノープルに出てクリュソストムスによって助祭に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カッシアヌス【Johannes Cassianus】

360ころ‐435
東方修道制の理念と実際を西方に紹介した修道士。小スキュティア(現,ルーマニア)出身とされる。最初ベツレヘムの修道院に入り,のちエジプトで本格的な修道生活を実践した。4世紀末コンスタンティノープルで主教クリュソストモスに会い,聖職についた。415年ころマルセイユの近くに男子と女子の二つの修道院を創設した。主著《共住修道士の掟および八大悪徳の救済》12巻は,修道制の組織と霊的生活の方法を述べた指針として,ベネディクトゥス会則をはじめ西方の修道院規則の基礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カッシアヌスの関連キーワード四仏文化国家テンプル騎士団西方教会胴取りポール・ラッシュ記念センターストゥディオス修道院レランス修道院《支那語教育の理論と実際》《スペインの理念とスペインの未来》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone