カッシアヌス(英語表記)Cassianus, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシアヌス
Cassianus, Johannes

[生]360. ドブルージャ
[没]435. マルセイユ
修道士,半ペラギウス的神学 (→半ペラギウス説 ) に立つ神学者。若くしてベツレヘム,エジプトで修道生活をおくり,399年頃コンスタンチノープルに出てクリュソストムスによって助祭に任じられた。 405年ローマの司祭。 415年マルセイユに行き,その地に聖ビクトール修道院を創設。また同地に女子修道院も創設した。東方の修道生活を西方に伝えるに力があった。また修道院の生活と制度についての彼の著作は,のち数世紀にわたってキリスト教世界に大きな影響を及ぼした。神学的には,『主の受肉について』 De incarnatione Dominiを著わして半ペラギウス主義の立場に立ち,人間の力である程度神の恩恵を獲得しうると考えた (→恩恵論争 ) 。主著『修道院綱領』 De institutis coenobiorum。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カッシアヌス【Johannes Cassianus】

360ころ‐435
東方修道制の理念と実際を西方に紹介した修道士。小スキュティア(現,ルーマニア)出身とされる。最初ベツレヘムの修道院に入り,のちエジプトで本格的な修道生活を実践した。4世紀末コンスタンティノープルで主教クリュソストモスに会い,聖職についた。415年ころマルセイユの近くに男子と女子の二つの修道院を創設した。主著《共住修道士の掟および八大悪徳の救済》12巻は,修道制の組織と霊的生活の方法を述べた指針として,ベネディクトゥス会則をはじめ西方の修道院規則の基礎となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android