コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトー[ウチカ](英語表記)Cato Uticensis, Marcus Porcius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトー[ウチカ]
Cato Uticensis, Marcus Porcius

[生]前95
[没]前46. ウチカ
古代ローマの政治家。カトー (大) の曾孫。共和政護持に努めた元老院の保守的貴族でユリウス・カエサルの政敵。前 67年マケドニアの護民官 (トリブヌス・プレビス ) 。のち財務官 (クアエストル,前 64頃) 。前 62年執政官 (コンスル ) の L.ムレナ収賄罪で弾劾。 L.カチリナの謀議者処刑に票を投じて,カエサルの反感を買った。前 51年執政官の地位が得られないため引退を決意したが,前 49年カエサルに対して立上がった元老院ポンペイウス (大ポンペイウス) に味方し,敗れてアフリカのウチカで自害。死後 M.キケロが彼に賛辞『カトー』を送れば,カエサルは『反カトー論』をもって激しく反駁。後世,清廉潔白,高徳の士としてたたえられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android