高徳(読み)たかとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高徳」の解説

高徳
たかとく

栃木県北西部,日光市東部にある集落鬼怒川北岸にあり,近世会津西街道宿場町として繁栄。産業は米作などの農業が中心であるが,林業との兼業農家が多い。付近の峡谷美は鬼怒川ラインとして知られ,日光国立公園に属する。東武鉄道鬼怒川線,国道 121号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「高徳」の解説

こう‐とく カウ‥【高徳】

〘名〙 すぐれて高い徳。また、その徳のある人。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「道俗おなじく尊重せし高徳の師なり」 〔徐陵‐広州刺史鴎陽顔徳政碑〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高徳」の解説

こう‐とく〔カウ‐〕【高徳】

徳がすぐれて高いこと。また、徳のすぐれて高い人。「高徳の僧」「高徳を慕う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android