高徳(読み)たかとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高徳」の解説

高徳
たかとく

栃木県北西部,日光市東部にある集落鬼怒川北岸にあり,近世会津西街道宿場町として繁栄。産業は米作などの農業が中心であるが,林業との兼業農家が多い。付近の峡谷美は鬼怒川ラインとして知られ,日光国立公園に属する。東武鉄道鬼怒川線,国道 121号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「高徳」の解説

たかのり【高徳】

兵庫の日本酒。酒名は、南北朝時代武士児島高徳由来。平成9年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。蔵元の「高銘醸」は明治37年(1904)創業。所在地は加東市下滝野。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「高徳」の解説

こう‐とく カウ‥【高徳】

〘名〙 すぐれて高い徳。また、その徳のある人。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「道俗おなじく尊重せし高徳の師なり」 〔徐陵‐広州刺史鴎陽顔徳政碑〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高徳」の解説

こう‐とく〔カウ‐〕【高徳】

徳がすぐれて高いこと。また、徳のすぐれて高い人。「高徳の僧」「高徳を慕う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「高徳」の解説

【高徳】こうとく

高い徳。

字通「高」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android