コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高徳 たかとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高徳
たかとく

栃木県北西部,日光市の東部にある集落。鬼怒川北岸にあり,近世会津西街道宿場町として繁栄。産業は米作などの農業が中心であるが,林業との兼業農家が多い。付近の峡谷美は鬼怒川ラインとして知られ,日光国立公園に属する。東武鉄道鬼怒川線,国道 121号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐とく〔カウ‐〕【高徳】

徳がすぐれて高いこと。また、徳のすぐれて高い人。「高徳の僧」「高徳を慕う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たかのり【高徳】

兵庫の日本酒。酒名は、南北朝時代の武士・児島高徳に由来。平成9年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。蔵元の「高銘醸」は明治37年(1904)創業。所在地は加東市下滝野。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうとく【高徳】

人徳が優れて高いこと。また、その徳をそなえた人。 「 -の師」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高徳の関連キーワード大人は赤子の心を失わず名古屋市美術館児島高徳伝説地和尚・和上大内[町]戸田 忠至阿久津盛為戸田 忠綱板野[町]引田[町]高松[駅]児島範長比丘尼伝善財童子山口長男小島法師獅子の座マーリン内供奉生き仏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高徳の関連情報