コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトー Cato

翻訳|Cato

デジタル大辞泉の解説

カトー(Cato)

(Marcus Porcius ~ Censorius)[前234~前149]ローマの将軍・政治家。トゥスクルムの出身。ギリシャ文化への傾斜を戒めて、古代ローマへの復帰を唱え、また、カルタゴ打倒を叫んだ。学者としても有名。著「起原論」「農業論」など。大カトー
(Marcus Porcius ~ Uticensis)[前95~前46]ローマの政治家。の曽孫。ストア哲学を学んだ。共和政を支持、ポンペイウスに味方してカエサルに反抗。ポンペイウスの死後、アフリカに渡ったが、カエサルの追討を恐れて自殺。小カトー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

カトー

きみの欲しいと思うものを買うな。必要なものだけを買え。\カトー
ローマの政治家(前二三四~一四九)。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

カトー【Marcus Porcius Cato】

(大カトー)(前234~前149) 古代ローマの政治家。反ヘレニズム・反マケドニアを主張、古ローマ精神の再興を提唱した。ラテン散文文学の祖といわれ、著書「農業論」は当時の貴重な資料。
(小カトー)(前95~前46) 古代ローマの政治家。大カトーの曽孫。共和政の伝統を保持するため、ポンペイウスを支持してカエサルと争ったが敗れ、北アフリカで自殺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カトーの関連キーワードブルートゥス(Marcus Iunius (Junius) Brutus)ノートカー(Labeo Notker)スキピオ・ナシカ・コルクルムカトー・ストリート陰謀エリザベト・ド・バロアT.B. ベブレンモンモランシー公カトー[ウチカ]アンリ マティスアンリ[2世]オプティマテスメタスタージオカトー(小)カトー(大)ケイティケイアンナーレスレーヌアール義務についてカトー[小]老年について

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カトーの関連情報