コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトー(大) カトーだい Cato, Marcus Porcius

2件 の用語解説(カトー(大)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトー(大)
カトーだい
Cato, Marcus Porcius

[生]前234. ツスクルム
[没]前149
ローマの著述家,政治家,雄弁家。民族主義的,反ヘレニズム的傾向の代表者。貧農の出身。執政官 (前 195) をはじめ多くの官職を歴任したが,彼を有名にしたのは監察官の職 (前 186) で,「監察官カトー」 Cato Censorと通称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトー(大)
かとー
Marcus Porcius Cato Censorius
(前234―前149)

古代ローマ、共和政中期の将軍、政治家。文人としても有名。中部イタリアトゥスクルム出身。第二ポエニ戦争に従軍したのち、「新人」として政界に登場し、諸官職を歴任したのち、紀元前195年のコンスル(執政官)、翌前194年のコンスル代理官としてスペインを統治した。スキピオ一族と対立しつつも、その後も政治、外交面で活躍したが、とくに前184年にはケンソル(戸口総監)としてローマの道徳、社会、経済の立て直しを図った。雄弁家としても知られ、属州統治、対外政策にも国粋主義保守主義の立場から論陣を張った。とくにヘレニズム化の風潮に対して、古ローマの質実剛健さの回復を説いた。最晩年には、第三ポエニ戦争直前に主戦論を唱えている。文人としては、ラテン散文学の祖といわれ、ラテン語で書かれたローマ最古の歴史書『起原論』Origines(7巻)と『農業論』De Agri Culturaがあるが、前者は散逸した。[長谷川博隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カトー(大)の関連キーワードカトースンガ全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王引っ括むフィリッポススクルペルクイクルムタレントゥム前田町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone